NSK・日本精工 ベアリング 30248 円すいころ軸受 -その他

  • NSK・日本精工 ベアリング 30248 円すいころ軸受 -その他



    【概要】
    円すいころ軸受は、内輪・外輪の軌道面、及びころの円すい頂点が
    軸受中心上の一点に集まるように、設計された軸受です。
    円すい台形のころが転動体として組み込まれており、内輪の
    大つばによって案内されます。
    ラジアル荷重と一方向のアキシアル荷重とを受けることができます。
    荷重が作用すると、軸受内部にアキシャル分力が生じるので、
    一般的には、アンギュラ玉軸受と同様に通常2個の軸受を対向させて使用するか、
    複列軸受として使用する必要があります。
    この場合、内輪同士または外輪同士の間隔をアキシアル方向に調整することによって、
    適切な内部隙間を設計することができます。
    分離形であるために、内輪と外輪とを別々に取り付けることができます。
    高負荷容量軸受として、ころの寸法ところ数を増加させたHRシリーズがあります。
    接触角の大きさにより、並こう配形、中こう配形の軸受があり、
    ころの列数によって複列及び四列の円すいころ軸受もあります。
    一般に、鋼板の打抜き保持器が用いられますが、サイズの大きな円すいころ軸受には
    ピンタイプ保持器も用いられます。

    2016年10月07日

NSK・日本精工 ベアリング 30248 円すいころ軸受 -その他

NSK・日本精工 ベアリング 30248 円すいころ軸受 -その他

ステンレス/生地 (-) サラ小ねじ (ウィット)W1/4×45 【 小箱 : 1箱/200本入り 】

NSK・日本精工 ベアリング 30248 円すいころ軸受 -その他